トップイプシロンホームページブログ-経営お助け隊スーパー3奮闘記

このコンテンツは弊社角田が全国の事務所の現場取材や各先生方からの情報を、会計事務所の生産性向上を図る具体策として、又顧問先企業への生産性向上支援策として活用できる情報としてまとめ提供するコンテンツです。

〜がんばっているように見えて生産性を落とす罠!〜


***依存症の恐ろしさ

依存症と言うと、一昔前だとアルコール依存症やギャンブル依存症などありましたが、最近やたらと目につくのが『ゲーム依存症』です。あなたの周りにゲーム依存症の方はおりませんか?

 昭和の時代に通勤ラッシュでよく目にしたのが、朝刊を小さく折りたたんで満員電車の中で必死に情報を得ようとする風景でした。もちろん多くはおじさんたちでしたが中にはキャリアウーマン(言い方がかなり古いですが‥)風のお姉さんたちも一所懸命に朝刊を読んでいたものでした。

 ところがいつからかわかりませんが、朝刊が携帯になり、最近ではスマホで情報収集している光景が一般的になっています。世の中進歩したな〜と思っていたのですが、最近スマホやタブレットをいじっている方の画面を覗き込むと、実は新聞記事や経済情報ではなく多くの方が満員電車でLINEやメールをしているのです。LINEやメールはまだ良い方で、かなり多くの確率で、通勤時、しかも満員電車でゲームを楽しんでいる方が沢山いるのです。子供さんや学生さんならばわかりますが、かなりの年輩(恐らく管理職‥)、若いOLの方、営業マンの方などなど必死でゲームをしながら通勤しているのです。

 通勤だけでなく出張の際の新幹線でも、飛行機の中でも(最近では電波を発しないモード=機内モードで利用できます)、どこでもゲーム依存症の方が我を忘れてゲームに勤しんでいるのです。

 ゲームを行うこと自体は問題ではありません。しかし想像するに、恐らくゲーム依存症の方は明けても暮れてもゲーム第一でしょうから(それが証拠に電車にのればゲーム、昼休みになればゲーム、夜同僚との飲み会を断ってでもゲーム‥)全体の生産性はかなり低いと思われます。ITの進化で、何時でも、何処でも、誰とでもという利便性はかなり高まりましたが、ITを活用し楽になるべき人間の進化が全く進んでいない、いや逆に退化しているのでは?と感じる毎日です。

 パソコンやタブレットやスマホに向かって指を動かしていれば仕事をしているように見えますが本当に生産性に寄与しているのか?企業においては各人の成果を可視化する必要が出てきました。アルコール依存症やギャンブル依存症を改善しようとすれば時間も掛かるし、何よりも改善できる環境に身を置かなければなりません。同じようにゲーム依存症を改善するためにも、数か月間スマホやパソコンやタブレットから隔離して、新聞や本や人とのコミュニケーションを通じて情報を得るという訓練を行うことが本当に必要な時代になってきたのかもしれません。

 皆さんの会社にゲーム依存症の方はおりませんか?人間の本当の進化とは何か?を常に考えながらツールを活用していくというスタンスを忘れないで下さい。いくらIT力が進化しても人間の本質や人間がやるべきことだけは忘れないように‥それが現代のビジネスのテーマであり、最高の付加価値だと感じます。
 
 製販分離の推進において『IT力』の進化は絶対条件ですが、決してゲーム依存症の方が進めるIT力ではなく、アナログでも良いので人間主体の健全なIT力の進化を進めて行くようにしましょう!ITに支配されるのではなくITを活用すること。


*イプシロンでは業務標準化、サービス企画開発、情報セキュリティ管理対応策、WEBブランディングなどのコンサルティングを実施しています。詳細は各コンサルティングメニューをご覧下さい*

イプシロンコンサルティング 代表取締役 角田 達也

20150302.jpg



長野県の駒ヶ岳に登りました!ロープウェイで

posted by イプシロン |2015年03月02日|at 06:29 | つのわ〜るど
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。